相模原市の工業を切り開く 相模原市青年工業経営研究会 -金属加工・切削・機械・半導体・電子・建設-

相模原市青年工業経営研究会

お知らせ


青工研の最新情報・トピックス等をお知らせします。

NODAブロック「自利利他の心を持て!6 社員がもっと輝く為に!」

2021年11月29日

<ブロック員活動報告>

本ブロック会(意見交換会)は、社員がもっと輝く為に、企画者に足りないものを知る事を目的に行われました。企画者からは、社員が輝いていない理由や、企画者がやってきた事について説明された後、ブロック員から企画者の思考に関する質疑がありました。討議の部分では、ブロック員から社員を変える前に企画者自身が変わらなければいけない、企画者は人の意見を受け入れない、具体的な考えも無いのに気持ちだけを押し通すなど、厳しい意見、アドバイスがありました。

最後に担当者まとめとして、社員の事を理解しようとせず、社員を傷つけていた自身の未熟さを知った。また、企画者自身の考えを基準にする事を止め、自分自身を変えるとの話がされたが、ブロック員からは具体的に何をしてどう変えるか、が無いとの指摘を受け、後日別の機会を設け、コミットするとしてブロック会(意見交換会)は閉会しました。

<企画者所感>

 今回のブロック会(意見交換会)で皆様から本気本音の意見を頂きまして、自分の成功体験からの価値観を社員へ押し付け、相手の個性を認めず、自分のコピーを作ろうとしている自分に気付きました。そんな状況の中でも社員さんが自分達で何とか考えて、何度も工夫して考えて出した意見を否定し、聞かない、認めない状態を作り、私は頑固で人の意見を受け入れない本当にダメ野郎でした。また私は新たな勉強や学びもせず、考える事を放棄して、何事も気合と根性でどうにかなる、どうにかする、の様な未熟な考えを持ち、相手の適正や素養を無視して押し付けておりました。

ブロック会(意見交換会)を経て、本当に社長(沼澤剛志)のスキルが低く、社員のスキルが高い事に気付き、自身の行動を振り返り反省しております。改めて自分を変えていくと決心し、今後行動していきます。

今後の展開として、一方的基準で物事を見る・判断するのではなく相手の事を認め、専務、社員と積極的にコミュニケーションを取るようにし、良い所を見つけて伝えていきます。また社員の持っている個性を活かし、良い所を伸ばし、業務に取り組めるような環境・仕組み(輝ける場所)を専務と共に考えて作っていきます。